業界の情報やクラブ案内サイトをご紹介

カテゴリー:管理人の日記

デートクラブ業界への『文春砲』

2021.04.11

デートクラブ業界への『文春砲』 はコメントを受け付けていません

本日11日の文春オンラインにて、私どもが生業とするデートクラブ業界への所謂『文春砲』が炸裂!
その内容によれば、50代白いスーツの男性・倉科(仮名)と、その仲間の女性Xと Yの3人は、業界で超高級と言われる某デートクラブに女性を斡旋するに伴い、女性達に対して通常では考えられないような〝契約〟を持ち掛けての搾取、そしてデートクラブから紹介されるセレブな男性から高い評価をされる為の研修と称してビジネスホテルに女性を呼び出し肉体関係に至るというものでした。
記事の中では、上記のような内容の告発を被害女性Aさんから受けての取材によるモノとのこと。
取材を進めるうちに同様の被害に遭った女性が多く存在することが分かり、その被害女性達への取材から、その女性達は倉科、X、Yを通して複数のデートクラブへ紹介され、入会に至ったとのこと。
被害女性Aさんは超高級デートクラブに紹介して貰えるならばと、倉科達の求める契約に同意したとのこと。
この記事を読んでの私の感想ですが、デートクラブに入会するプロセス、加えてデートクラブのシステムがまだまだ理解されていないことによる被害、そしてデートクラブ側の運営体制による被害だと感じます。
デートクラブに入会する上で、『誰か』の紹介じゃなければ入れないなんてことは全くの勘違いでしょうし、仮にそのようなクラブが在るならば、そんなクラブは胡散臭いし、超高級デートクラブでは100%在りません。
私には高級、超高級を謳うデートクラブ自体も胡散臭いと考えますが、その高級、超高級クラブもHPから入会を希望すれば面接を受け、入会することは可能だと思います。
被害女性Aさんは高級、超高級デートクラブに入る為に、倉科達とあり得ないような契約に同意したようですが、そんな契約に同意しなくても、それどころか倉科達の紹介など無くてもそれらのクラブには入会可能な訳です。
そしてデートクラブに興味を持つ女性、入会を検討する女性の皆様に必ず理解して戴きたいのが、どのような形であれ女性の皆様から1円でも金銭を要求するデートクラブ、またはデートクラブへの斡旋を行う業者やスカウトマンは全く信用出来ない相手だと考えて下さい。
記事によると、被害女性Bさんは倉科達を通して3つのデートクラブに入会、そして6人の男性と会い、男性からお手当を貰ったようで、そのお手当の30%を倉科に成功報酬として渡したとありました。
何の成功報酬でしょう?
そもそも女性の皆様がデートクラブに入会した後、男性からのデートオファーがあった場合、そのオファーに於いて倉科のような人間が何か貢献する余地は在りません。
何もしていないし、したくても何も出来ない筈です。
デートクラブのシステムに於いて、男性から女性に対してデートのオファーが入るのは、男性がその女性に魅力を感じたから、またクラブ側が男性の好みを把握して、その女性が男性の好みにピッタリだと上手に案内したからです。
女性本人の力、クラブ側の力の二つ以外無いのです。
そしてデートに至れば、女性は交通費やお手当という形でメリットがあり、クラブはセッティング費用というメリットに。
倉科達のような人間など関係なく、デートクラブに入会出来、男性からデートのオファーも入る(かもしれない)。
逆に、倉科達がどんなにクラブ側に働きかけても、その女性が男性から魅力的に感じられないならばデートのオファーは無いのです。
これがデートクラブというサービスに女性が入会する際のプロセス、そしてシステムです。
兎に角、若い女性の皆様が被害者に成る場合、クソスカウトマンやクズデートクラブから求められるのは身体やお金です。
何かそれらしい理由であっても、女性の皆様に対して身体やお金を求める業者は犯罪者ぐらいに考えて下さい。
最後に、私が今回の女性達の被害がデートクラブ側の運営体制によるものだと書いた理由に付いて。
デートクラブには、自分を通して女性をクラブに紹介させて欲しいという内容のメールが毎日のように来ます。
個人であったり、会社組織のような形態だったり様々です。
業界ではそれらをひっくるめてスカウトと呼んでます。
デートクラブ側からすると、彼らを利用するリスクは在りません。
彼らは成功報酬で費用を払うからです。
この場合の成功報酬は、クラブ側が男性会員から支払われたセッティング費用の何%という形で報酬を払います。そのスカウトを通して入会した女性に男性会員からオファーがあり、セッティング費用が振り込まれ、その何%がスカウトに成功報酬。
一見すると合理的なのですが、スカウトは結構強引な形で女性を捕まえている場合も多く、更に、デートクラブと女性達の間にスカウトが介在する形に成るので、今回の被害のようにスカウトが女性達にウソの説明をしたり、無理な要求をする可能性あります。
このような弊害があるにも関わらず、多くのデートクラブはスカウトを重宝しているという事実です。
最近ではネットのアフィリエイトビジネスを利用して女性を集めるクラブも増えてます。
アフィリエイトも殆どスカウトと同じです。
アフィリエイトも自分が経験したような内容で話を盛ったり、間違った内容だったりで自分経由の入会を促します。
若い女性の皆様は社会経験も少なく、まだ判断力も然程ない人もいます。
それらの盛られた情報やウソも含めた間違った情報に踊らされて、しっかりとした意志を持たずに入会出来てしまうことが被害者を発生させる原因だと私は考えます。
スカウトやアフィリエイトを利用して女性を集めるクラブは、それらを経由して入会しようとする女性にも、クラブは直接しっかりと説明して入会に至っていると主張するでしょうが、結局のところは間に介在する彼らが壁となり、自らの意志を持って入会に至った女性とは違う形になり得ます。
そのシワ寄せは、それらの女性を紹介される男性にも被害として現れるのです。
これからもこのような問題点をこちらのblogで触れたいと思います。

iPhoneから送信

またまた雲行きが怪しいようで。

2021.04.09

またまた雲行きが怪しいようで。 はコメントを受け付けていません

つい先日、緊急事態宣言が解除となり

新年度の春を迎え

まだまだ慎重な対応が求められるとはいえ

幾らか新型コロナウィルスの脅威に対して一息つけるのかと思いきや

マンボウと言ってはいけないだのなんだのと言われている対策が要請されるとか。

あの、緊急事態宣言と何が違うのでしょうか?

なんだか名称が違うだけで

私達に求められる行動や生活は我慢だとか、自粛だとかの繰り返し。

ワクチンもいつに成るか全く見当もつかず。

65歳以上の高齢者どころか、医療従事者にも行き渡ってないって。

一年半以上もこんな状況で

毎日コロナ感染者の人数ばかり報道しているだけのような。

政治家って必要ですかね?

有能な会社経営者がリーダーシップを発揮して医療対策、経済対策、その他諸々の問題への積極的な行動を起こす方が、もしかしたら今よりマトモな状況に成るのでは?

結局、政治家の方々って、大きなトラブルを解決に導く為の様々な能力とか、更に内容や規模は別にしても、危機的な状況を解決した経験なんて無いのでは?

どうして良いか何も分からないのでは?

病床増えない 検査数も増えない ワクチン打てない

単に我慢と自粛をお願いするだけ。

政治家って選挙だけが大事で、その選挙も自分に票を入れて下さいってお願いするだけですからね。

オマケに自分達は収入減る訳じゃないし。

困らないし、痛くないし、、苦しくないのだから、何か本気で解決しようとは考えないと思います。

 

 

 

デートクラブの広告

2021.04.01

デートクラブの広告 はコメントを受け付けていません

デートクラブの広告は集客そして売上に直結する重要な要素です。

いえ、もっと言えば死活問題でしょう。

そんなことは当たり前!というツッコミが入りそうですが。

世の中には全く広告活動をせずとも売上がある会社やお店が沢山在ります。

いや、もしかしたらその割合の方が多いのでは?

大手企業やフランチャイズ店ならばTVや新聞、雑誌等にタレントやスポーツ選手を起用して多額のCMを打ち、広告活動を行うのは現代では当たり前です。

しかし、街中で何十年も商売をしているお店や中小企業で広告に力を入れているのは少数派ではないでしょうか。

それに比べて、私どもデートクラブ業界で広告活動をしていないクラブは殆ど存在しないと思います。

デートクラブ業界は広告活動でクラブの知名度を上げなければ何も始まらないのです。

デートクラブを運営する為に先ず初めにやらなくてはいけないことは女性会員の募集です。

女性会員の募集は集客ですが、売上には繋がりません。

女性の皆様が何十人、何百人とクラブに入会しても売上には成りません。

女性はクラブへの入会も、サービスの利用も全て無料だからです。

それでも女性会員を募集するのは簡単ではありません。

最近は以前に比べてデートクラブ業界自体は認知度が上がりましたので、何かのキッカケでデートクラブという言葉を耳にします。

そして、よく分からないので検索して調べます。

その結果、デートクラブ業界に興味を持った女性は、どのクラブに入ろうかな?となります。

皆様がデートクラブや交際クラブというワードで検索して、検索上位にヒットするクラブ名が、その時たまたま偶然に上位に挙がっている訳ではありません。

様々なデートクラブが検索上位になる為にあの手この手を使って努めています。

このいわゆるSEO対策も大きな広告活動です。

デートクラブや交際クラブというワード検索で1ページ目、2ページ目ぐらいに挙がらない場合、検索エンジン経由で女性がコンスタントに入会することはありません。

少し前まではリスティング広告も盛んに行われていました。

デートクラブや交際クラブというワード検索を行った時に、上位にヒットするのとは別に、[広告]という表示付で検索結果よりも優先して掲載される情報です。

最近はこのリスティング広告が業界的に難しい状況と成りました。

マッチングアプリを利用したトラブルや犯罪が多く、その影響からかデートクラブ業界も同じようなコンテンツという判断でリスティング広告が出来ないように成りました。

このようなプロセスで女性会員が増え、それに比例して男性会員も増えるという流れに成ります。

男女に纏わるビジネスは女性を集め、そこに男性が集まるのが定石でしょうか。

デートクラブ業界で集客する為には、ネット検索が全てと言っても過言では無いというのが現状となります。

そして、ネット検索上位に挙がらないクラブが唯一女性会員を募集する方法がスカウトの利用となります。

本日のブログではスカウトに付いては多くは語りませんが、当倶楽部はスカウト利用による女性会員様の入会に否定的な立場を取っています。

デートクラブ業界は検索上位にする為の企業努力でネット広告で入会を促すか、スカウト利用で入会を増やす以外に集客する方法は無いと言われてます。

当倶楽部のようにスカウトを利用しない運営方針を掲げますと、やはり何が何でも検索上位にすることしか倶楽部をより活性化させる方法はないのか?と。

いえ、それは当たり前のことなので、当たり前に努めて参ります!

検索上位にする努力は努力で一層励むのですが。

もっと他に東京交際倶楽部を知るキッカケ作りはないのか?

こういう言い方は語弊があるとは思いますが、検索上位にヒットしている他社様にはどうしようもない(汗)クラブ、おいおい嘘つけ(汗)ってクラブもありましてね。

マトモに頑張っているのがアホらしくなるようなクラブが存在するのも事実で。

嘘でも書いたもの勝ち、駄目でも良く見せたもの勝ちみたいなのが歯がゆいというか。

東京交際倶楽部のアピールを面談という形でしっかり伝えたいというのが私どもの求めることでして。

その上で、東京交際倶楽部が良いとは思えなかったら入会はせずに御断り戴ければ構わないのです。

東京都内のシティホテルのラウンジを御指定戴き、好きな飲み物を頼んで戴き、1時間程度御付き合い下さればと。

入会を御断り戴いても、御茶代は私ども負担で構いません(笑)

そのような場を作りたく、2月よりネット以外の広告をスタートしてみました。

広告トラックいわゆるアドトラックという広告です。

そう簡単に結果が出るとは考えていません。

2ヶ月経過しましたが、広告費用が高額な割に大きな反響には至ってません。

でも、続けます!

大きな成果が上がるまで、成果が上がっても続けます(笑)

ネットと違って、何となくですが手応えは感じてます。

東京23区内を走り回っています。

 

 

 

 

 

カテゴリー