業界の情報やクラブ案内サイトをご紹介

男性側(私)の勝手な理想。

2015.02.21

私は男性ですので、女性への男性側の理想は何となく分かります。
ただ、これから綴る内容は、あくまで男性側の勝手な理想、もしかしたら私の勝手な妄想に近い理想かもしれません。
ですので、お読みになった男性の皆様、女性の皆様、「コイツ、何勝手なことぬかしてんだ。馬っ鹿じゃねー!」と罵って戴いて結構です(笑)
あっ、そうですね。表題のように「男性側」と書いたのは間違いですね。
この先は、「私」の勝手な理想(妄想)としてお読み下さい!
その方が差し障りがありませんね。
因みに、私は既婚者です。
その私が、これから勝手な妄想で自身の理想を綴ります。
前述のように既婚者の私が恋愛をしたとしましょう。
妻とは別の女性とです。
何かのきっかけで知り合った女性とです。
交際クラブで知り合った女性かもしれません。(この点は誤解がないように!妄想です。私は当倶楽部の女性とデートしません!)
相手の女性は、私が既婚者だと理解しながらお互いの都合が良い時に会って、御食事したり、飲みに行ったり、ドライブしたり、etc..。
とにかく、お互いが楽しく過ごせて。
そのうち、勿論、自然と肉体関係にも成るでしょう。
そんな時、私は自分が既婚者で在るという後ろめたさもあり、その女性にこのような話を持ちかけるかもしれません。
「君と一緒に時間を過ごすことは自分には必要な時間で。しかし、ある部分で自分が勝手なことも承知している。だから、その穴埋めという訳では無いが、経済的に君のバックアップをしたい」などと。
その言葉に、その女性が「私はお金目的で貴方とお付き合いしてるのではありません。色々なところへ連れて行ってもらったり、美味しいものをご馳走してもらったりしてますが、別にその辺の居酒屋さんでも一緒に行ければ嬉しいし。逆に、そういうお給料貰って愛人みたいな関係は嫌です。」と。
こんなことをその女性から言われてしまったら、私は堪らないと思います。
逆に、色々とバックアップしちゃいます。
出来る限りの事をしちゃいます。
誕生日、クリスマス、何かにつけてプレゼントとかあげちゃいます。
季節が変われば、お洋服を買ってあげちゃいます。
もしかしたら、その女性は最初から私の性格や人間性を理解していて、そのように答えたれば、自分にもっと都合の良い対応をすると見越していたかもしれません。
全ては計算ずくかもしれません。
それでも私は良いのです。
男ってそんなものです。
凄く単純なんです。
なかなかそのような女性はいないでしょうし、沢山存在したら怖い気も致します。
しかしながら、私の周りの経済力のある男性は、共通にこのような私の抱く妄想を実践している方が多いのも事実です。
男性は女性にお金を使いたいのです。
自分が女性に何かをすることで喜んで欲しいのです。
ただ、そこに至るプロセスが重要なのでしょうね。
あっ、本日の投稿は一般論ではありません!
単なる私の妄想です。
当倶楽部の男性会員様、女性会員様とは全く関係ありません!
これからも私の妄想にお付き合い下さい(笑)



icon-instagram 東京交際倶楽部  [ 面接スナップフォト-Instagram ]