業界の情報やクラブ案内サイトをご紹介

やっと!って感じですが

2021.03.25

緊急事態宣言が解除されると思いきや、延長。

それもやっと!って感じで解除されましたが。

全く安心出来ないのは皆様も同様かと思いますが。

とはいえ、ネガティブなことばかり言っても仕方ないので。

取り敢えずは前向きに考えていきたいと思います!

そう。前向きに文句と愚痴を言いたい!

それにしても今回の事態で日本は形だけの医療先進国であり、その国を動かす政治家が無能だということが身に染みて分かりました。

国民にお願いばかりするだけで、何もしないどころか無駄な政策をするわ、国民にお願いしたことを自らのエゴで破って言い訳三昧。

コロナウィルスの脅威に晒されて一年以上経っても、未だに検査もまともに出来ない。

平常時には政治って然程役割を発揮する必要もありませんし、そもそも頼ることも余り無いじゃないですか。

しかし災害時や、今回のような事態にはやはり政治って重要です。

別に金よこせって言ってるのではなく、対策とか指針とか個人や企業ではどうしようもない政治にしか力を発揮出来ない領域が存在します。

そういう事態になっても、政治家が口にする言葉が「想定外」「未曾有」。

今回の新型コロナウィルスの脅威が世界中を騒がせ始めた時点では、まだよく分からない存在で対処のしようが無く。

その中で世界中の人々が右往左往し、混乱し、迷い、悩み、中には感染で苦しみ、人によっては死に、その家族は悲しみ。

その状況を受け入れるしか無かったのは仕方ないことです。

でもどうでしょう?

一年以上経って、何か変わりましたか?

私が持つ信条に、『人は変わらない』というものが在ります。

子供に付いては、変わらないということは無いでしょう。

それは変わるではなく、成長の余地があるからだと思います。

18歳とか20歳とか、どこからが大人か?という議論は別に。

ある程度の人格が形成された後に、その人が持つ人間性や価値観は変わらないと私は考えます。

ですから現在、この国を動かす政治家は全員代えないと何も変わらないと思います。

それも一気に全部代えないと駄目です。

民主主義は多い方が勝者です。

多数決でイニシアチブを取ります。

それが民主主義の弱点だと思います。

そのような物事の決め方は、徐々にしか変化しないものです。

良くも悪くも、独裁主義は物事を一気に変化させることが出来ます。

独裁主義が悪い方向に向かった際に、その悪を崩壊させるのは余り難しいことでは在りません。

一気に変化したモノですから、また一気に壊し易い訳で。

民主主義が悪い状況に至った場合、良いモノに変えるには徐々にしか変えられない。

悪い状況が多数を占める状況てすから、良いことをしようとする人は少数派です。

その良いことをしようとする少数派が、段々と時間が経つうちに多数派の影響を受けます。

人間の持つ性質の一つに、徐々の変化が在ります。

人間は肉体的に急激な変化は出来ず、同様に精神的にも急激な変化を嫌う傾向が在ります。

多数決でイニシアチブを取ろうとした時、大きな主義が同調出来れば、小さい部分では幾らか妥協して手を組むことも起こり。

その中で、取り込まれるとか、染まるとかいうことも起き。

今回のような事態や災害は起きないことが1番です。

しかし、それは避けられません。

人に起こる災難が避けられないならば、起きた災難から学び、それらに備えることが不孝を減らす筈です。

大人に成ってしまった政治家が、学んで成長するなんて余地など在りません。

だから変化はしません。

いつまでも自分が持つ古い価値観に縋り、それが間違いでも変わることが出来ません。

新しく、正しい価値観を持つ少し若い政治家も、今は間違った先輩政治家に従い、小さいことには目を瞑って手を組み、いずれは全て正しいモノにしようと誓います。

その正しいモノに向かう道中、少し若い政治家も歳を重ね、いつの間にか、その時代には古い価値観を持つ間違った政治家に成ってます。

その繰り返し繰り返しをずっとしてます。

だから一気に代えないといけないと思います。

って、私は本当はこんなことをブログで書きたい訳じゃなく(笑)

私はこんな偉そうなことを言える人間でもなく。

それでも愚痴りたくなります。

そういう方々が沢山いると思います。

愚痴らない方々は諦めてるだけで、政治に不満を持っていない訳ではなく。

そりゃ、諦めたくも成ります。

「マスクはいつまでやるの?マスクは口の周りが痒く成って・・」って。

口が曲がってるから、マスクの中で収まりが悪くて、痒くなりやすいのでしょう。

あの人が選ばれるねぎ不思議です。

それが現在の日本です。

これ以上、私のような下らない人間が政治なんかをブログで書かなくても、素晴らしい政治を行う日本に成って欲しいと思います。

この政治家に任せておけば、万が一の時にも正しい判断で被害を最小限に終わらせ、最短の時間で元に戻し、その教訓を活かして『またの災難』に備える力とし、その先には更なる発展が待つ想像を促す力を与えてくれ、今少しだけ歯を食いしばり頑張れば災難以前よりも素晴らしい生活があるとだけ想像させてくれる。

曲がった口から出る言葉は、絶望だけを想像させてくれます。

毎回毎回、あの口から出る言葉には諦めしか促しません。

何度も何度も繰り返すからか、段々と慣れさえ起こり。

最近で

は、またか〜って感じ。

「また失言したらしいよ」のニュースにも

「あっ、そう」としか言えません。

 

 



icon-instagram 東京交際倶楽部  [ 面接スナップフォト-Instagram ]