業界の情報やクラブ案内サイトをご紹介

こんなに早く!?

2021.02.23

いや〜、こんなに早く想像通りの事態に成るとは!?

多分、いずれはこう成ることは想像していたのですが、余りに早くて驚いたので触れてみたいと思います。

マッチングアプリ、いわゆるパパ活アプリって呼ばれているサービスですが。

某マッチングアプリの『ペイ○ーズ』がデートクラブサービスを始めたらしいです。

現在、サービス開始を記念してのキャンペーン中のようですが、キャンペーン中は男性会員の入会金10万円が無料とか。

現在、女性入会希望者が2000人いて、面接済みの女性会員が数十人とか。

このサービスは取り敢えず関東圏内で提供して、順次全国に拡げていくようです。

私はこの情報を知った瞬間にマッチングアプリの賞味期限がそろそろ切れ始めたのだろうと感じました。

この状況以前に、少し前からマッチングアプリの会員離れが始まっていることは各方面からの情報で囁かれ始めてました。

毎日にようにマッチングアプリを舞台にした犯罪行為が報道されていることで、マッチングアプリに対するイメージの悪化も理由の一つですが、他にも色々な理由があるようです。

そもそもマッチングアプリのビジネスモデルと、一昔前に流行していた出会い系のビジネスモデルは何が違うのか私には疑問でした。

出会い系の場合は会う前のやり取りでお金を使わせて、実際にはやり取りした女性と会えない、何故ならやり取りした女性はサクラだから。

運営側がアルバイトで雇った人に、あたかも女性会員のようなフリをさせて男性会員にお金を落すよう差し向けているようなケースも。

このような状況が世の中に知られるようになって、出会い系は殆ど機能しないサービスになってしまいました。

マッチングアプリに関しては、出会い系よりはサクラ行為が減って、実際にやり取りした女性と会える確率は増えたようですが。

それでも希望のタイプの相手と出会うことが出来ないという事実は同じ訳で。

どんなサービスを利用するにしても、何の為に使うのか?と言えば何かの目的を達成する為の手段の筈です。

デートクラブを運営する私どもに入会する男女会員の皆様に、入会時にマッチングアプリの利用経験を伺いますが、皆様一様に不満を口にします。

勿論、デートクラブに入会する方々ですから、マッチングアプリに満足した方は私どもに入会する訳もなく。

その方々だけの感想ですので当たり前の結果ですが。

仮に、逆の質問をマッチングアプリの利用者に行った場合、結果は違うだろうと考えます。

マッチングアプリを利用する男性が何故デートクラブを利用しないか?と質問すると費用が高いからと答えるでしょう。

マッチングアプリを利用する女性に同じ質問をすると、デートクラブではオファーが無いからと答えるでしょう。

デートクラブでは目的を達成することは出来るが男性会員は費用が高く、女性会員は一部の条件が良い女性しか目的達成することが出来ない。

マッチングアプリが一つの出会いの場としては評価出来ると思います。

ただ、パパ活アプリという意味では会員離れが今後加速すると思います。

何故なら費用をケチる方がマッチングアプリを利用するのですから、そこには経済力を持つのが第一条件のパパはいません。

このような理由以外にもマッチングアプリが出会い系の焼き直しビジネスであり、いずれは出会い系と同じ末路を辿るだろうと予想していた私ですが。

マッチングアプリ大手のペイ○ーズが本業であるマッチングアプリサービスのみならずデートクラブサービスを提供するという情報から、その時が想像以上に早く訪れたと判断します。

例えば、メル○リが現在のサービスを提供していて、それては別に質屋を展開しますか?

私には同じようなイメージです。

因みに、女性会員に付いては面接をするらしいのですが。

ペイ○ーズの関東圏内の女性会員数は何万人?もしかして何十万人?

相当な人数だと思いますが、その中でデートクラブサービスに入会予定女性が2000人しかいない。

更に、既に面接済みの女性会員が数十人。

これ終わってます。

男性会員の面談はどうするのでしょうか?

まだまだ私自身がそのサービスに付いての情報を集められていませんので分かりませんが。

こちらのサービスを利用するならば、一般的なデートクラブを利用すると思います。

ペイ○ーズのデートクラブサービスが、私どもが提供する一般的なデートクラブサービスよりも優れているとアピールする部分は何ですか?と聞いてみたいですね〜。

 



icon-instagram 東京交際倶楽部  [ 面接スナップフォト-Instagram ]

カテゴリー