業界の情報やクラブ案内サイトをご紹介

どんな人?

2021.02.19

デートクラブを利用する人って、どんな人?
デートクラブを利用する方々は、男性会員ともに慎重な方が多いと思います。
何らかをきっかけに『デートクラブ・交際クラブ』というワードを知り、検索してみて詳細を理解していくパターン。
『出会い、交際』関連ワードで検索して、ネットサーフィンしているうちにデートクラブの情報に辿り着いて理解していくパターンの二つが大半の皆様の入会へのプロセスのようです。
この二つ以外の皆様は知人・友人が利用していて、その経験談を聞いて興味を持った方です。
これだけ話しますと、凄く簡単に入会しているように感じるでしょう。
実際、お会いして話しますと、何故か皆様が「ネットで色々と見てたら御社のHPに辿り着いて、ちょっと興味持ったから。余り細かいことは分からないんだよね〜」という感じの言葉を口にします。
ただ、これはちょっとした照れ隠しというか、事実とは少し違うと思います。
本当は結構調べて、色々なクラブの情報と比較して、色々と検討して、直接クラブスタッフに会って面談する為の予約をするまでには相当の時間を要したのだと思います(笑)
それは話すと分かります。
ネット上で色々な業界のポータルサイトを見て、何となく自分の目的を達成する手段として有効なものだと認識していくと同時に、いくつかのクラブに興味が出てくるのだと思います。
その後は、ポータルサイトの情報を見る頻度は減り、次はそのいくつかのクラブのHPを見る頻度が多くなり、あるところまでいくと自分が欲しい情報はネットからは得られない状況に成ります。
そこまでに成ると、あとは実際に欲しい情報はスタッフに直接聞くしかないか・・と。
それでもなかなか面談予約には至らない方も多いと思います。
人によっては、興味を持ってから予約をする迄に一年以上も時間がかかる方もいる筈です。
人によっては、私の知らない情報まで知っていたり。
やはり最初は怖いのは当たり前です。
ですので、皆様が可能な限り調べに調べてます。
気軽にいらっしゃる方は殆どいません。
男性に関しては、デートクラブの利用料金は決して安い金額ではありません。
それなりの収入や財産が無ければ利用出来ません。
また大半の方は既婚です。
更に、奥様に内緒のお金で利用するのですから、普通の会社員の方が簡単に捻出するのは難しいと。
それなりの収入や財産がある方は社会的地位、名誉、ステイタスがある立場です。
最近は幾らか認知度が上がったデートクラブですが、それでもまだまだ胡散臭いイメージを持つ方も多い中、そのような立場の方々が気軽に面談が出来る状況に至っていないのがデートクラブ業界です。
考えに考えて決断したというのが事実かと。
女性も同様です。
女性は男性と違って無料なので、気軽に入会するようなイメージですが、女性の面接はクラブの事務所で行うのが殆どです。
当倶楽部も事務所にて行います。
若い女性の皆様がクラブの事務所に行って、スタッフと直接会って面接するというのは、やはりなかなか気軽には出来ない行動でしょう。
今、この時も、前々から興味はあるが行動に至っていないという慎重な方々が沢山いると思います。
その慎重な方が実際に入会の一歩としてクラブスタッフと直接会う行動に至った理由は、自分なりに納得したのだと予想します。
こちらのBlogで私も度々伝えてますが、デートクラブ業界は結構健全な業界です。
ネット上の情報だけでも健全性は理解出来るでしょうし、その判断を出来る方が結果として入会しています。
慎重ではあっても、臆病ではない。
臆病というのは無知から起こるものだと私は考えます。
情報を得て、分析して、判断して、納得して行動する。
そして常識的です。
特に、男性の皆様は面談予約をキャンセルする方はほぼいませんし、遅れていらっしゃる方もいません。
約束通りです。
女性の中には、面接予約に来ない方がいます。
連絡も無く、遅刻する方もいます。
ですが、その方々は入会してません。
約束をしっかり守れた方が入会しています。
私が言うのは烏滸がましいのですが、皆様、ちゃんとしてらっしゃる方ばかりです。


icon-instagram 東京交際倶楽部  [ 面接スナップフォト-Instagram ]

カテゴリー