業界の情報やクラブ案内サイトをご紹介

驚きの。

2021.02.13

先日のblogでもお伝えましたが、毎日のようにマッチングアプリでの出会いによる犯罪報道ですが。

もう当たり前に成ってしまい、然程驚くほどのことでもなくなっているのが恐ろしいのですが。

今度は大手スポーツ用品店を全国に展開する企業の代表の逮捕。

一代で某社を何百店舗も全国に運営するまでにした手腕は誰もが認める素晴らしいものだと思います。

今回はマッチングカフェとの報道ですが、東証一部上場企業の代表で自社株の保有資産額だけでも160億円も在る方が、知り合った若い女性との間でトラブルになって、結果、その代表が逮捕となっての報道とは流石にびっくりです。

報道内容を見ると、女性との事前のやり取りと実際に会った後に要求された金額との折り合いが付かなかったとか、女性は食事だけのつもりで会ったにも関わらず男性が納得しなくてトラブルに成ったなど、まだまだ情報は錯綜してます。

相手女性から10万円の現金を奪ったとの報道もありますが、もしかしたらこの10万円もこの方のものを取り返したのかもしれませんね。

まあ、その過程でもみ合いに成り、報道されているような暴行があったかのような事態に至ったのかもしれません。

事の次第は現時点では分かりませんが、このような企業の代表で既婚者でもある人間がマッチングカフェを利用して若い女性に肉体関係を求めたという行動自体にも世間では批判されてしまうでしょうし、その逮捕理由もどのような言い訳をしても逃れられない責めを負うものです。

このような報道が後を絶たないということは、実際に同様の経験や、これ以上に酷い目に会っている人、特に男性以上に女性側の泣き寝入り被害の数は想像を絶する状況だと考えます。

マッチングアプリもカフェも売りは『手軽』『簡単』『誰でも』『直ぐに』『安価で』です。

仮に、銃を誰でも直ぐ簡単に安い費用で入手出来たら、どうでしょう?

銃による事件・事故、それも取り返しのつかないようなことが多発する筈です。

本人は意図せずに、銃が暴発するようなことも起こるでしょう。

どのようなことでもリスクを完全に排除するのは無理です。

また、意図して犯罪行為をしようとする者に対して、サービスを提供する側がシステムで被害者を出さないようにするのも難しいと思います。

私どもが提供するサービスでも同様であり、最大限努力出来るのはトラブルが起こり難いものにすることです。

単純に利益を追求することだけを優先すると、トラブルが起こり難いシステムを採用するのはマイナスに働くことが殆どです。

この矛盾をどう処理するかが、そのサービスを提供する側の企業体質や運営体制を判断する目安になると考えます。

一部のデートクラブには、スタッフとの接触無しに入会出来るシステムを採用するクラブがあります。

簡単に入会出来る方が入会数が伸びる可能性が高いと、目先の利益追求に走るからです。

しかし実際はどうでしょう?

デートクラブ業界で評価され、会員数を伸ばしているクラブの殆どは会員としてクラブに登録する為には、クラブスタッフと直接会い、しっかりとした説明を受け、その内容に納得の上、身分証の提示を行わないといけないのです。

このことは業界が健全な体質であるのを意味し、またデートクラブのサービスを利用する方々の持つ価値観がどのようなことに重きを置くかを示すのだと感じます。

英雄、色を好むという言葉があるように、大きな物事を成し遂げた人は比較的精力的な方が多いと言います。

最近では、既婚の人が結婚相手以外との交際自体が非難されますが、それなりの企業家が愛人を抱えていても表沙汰にさえ成らなければ、それもその人の甲斐性だとも言えるならば、やはり目的を達成する為の手段はそれなりに考える必要があったと考えます。

次回は、デートクラブを利用する方々に付いて触れようと思います。

 



icon-instagram 東京交際倶楽部  [ 面接スナップフォト-Instagram ]

カテゴリー