業界の情報やクラブ案内サイトをご紹介

先日、私が経験したこと。

2015.01.19

先日、私が経験したことです。
昨年の11月初旬、私は「あるモノ」を「ある有名店」にオーダーしに行きました。
総額で数十万円に成りました。
出来上がり予定日は1月10日でしたが、早く出来上がった場合は連絡を戴けるとのことでした。
私は出来上がりが楽しみなあまり、出来上がり予定日までの間に2度ほど電話で「まだ出来ませんか?」と確認をしてしまいました。
しかし、先方の返事は「やはり予定日近くに成りそうです。少しでも早く出来上がるようでしたら、御連絡致しますね」とのこと。
最終的に先方から電話連絡が在ったのは1月8日の昼頃でした。
私はその電話に対して、本日中に来店する旨を伝え、早速向かいました。
その日は夕方から少々忙しかった為、品物を受け取り、品物を簡単に確認してお店を出ました。
その後、業務を終えて自宅に戻り、楽しみにしていた品物を眺めながら1杯やり始めたところ、何か違和感を感じました。
パッと見ただけでは分からなかったのですが、私が指定した細かい部分が違っているのです。
実際、他人にはほとんど分からない部分です。使用するにあたっても全く問題無いのです。
ただ、私にはとても重要な部分で、それが指定した通りか否かでは全く別物であるとしか思えない部分です。
この時、私は怒りよりもがっかりした気持ちで、いつも以上にお酒を飲んでしまいましたが、寝床に入ってもなかなか寝られず。
翌日、お店が開く時間を待って直ぐに電話をしました。
担当のスタッフに代わり、オーダーした内容と出来上がりの違いを伝え確認をお願いしたところ、先方の声が明らかに変わり、電話口で顔色が変わったのも分かるほどでした。
先方は、「少々御待ち戴いても構いませんでしょうか?直ぐに確認して、折り返しお電話致します。」とのこと。
それから40分程して、私の電話が鳴りました。
電話口で担当者は、「誠に申し訳御座いません。私の伝票のミスにより・・・。全て作り直しますので・・・。」
その担当者は上司と一緒に私の自宅かオフィスに伺い謝罪したいと申し出たのですが、私はちょうどその日にそのお店の近くで打ち合わせがあり、間違って出来上がった品物を持参しながら、再度作り直しの出来上がり予定等を聞くために来店しました。
その際、先方の謝罪の言葉、対応、事後処理は見事で、一言ぐらいは嫌味の一つをと考えていた私を黙らせる程でした。

今回の経験は、私どもの業務でも必ず起こるミスやトラブルをどのように対処すれば、私どもと会員様の信頼関係を壊さないばかりか、より深い信頼関係を築けるかを垣間見たものでした。
勿論、ミスやトラブルは可能な限り事前に防がなくてはなりません。
しかし、どんなに気を付けても、ミスやトラブルは起こります。
よく、ピンチをチャンスに変えると言います。
私どもも日々、ミスやトラブルと隣り合わせです。
私どもは万全の体制で会員様にサービスを提供する所存です。
その上で、万が一ミスやトラブルが発生した場合、私どもは会員様への影響を最小限に留める努力をし、会員様の信頼を損なうこと無く、更には次のチャンスに繋げる対応を心掛けます。

私は、また、その「ある有名店」に足を運ぶつもりです!



icon-instagram 東京交際倶楽部  [ 面接スナップフォト-Instagram ]