業界の情報やクラブ案内サイトをご紹介

よくあること。

2015.01.16

私どもの倶楽部でよくあることを書きますね。
男性会員様からセッティングのお申込みを受けて、女性会員様に御連絡致します。
その後、双方の日程をお聞きしてスケジュール調整を致します。
男性会員様が女性会員様のスケジュールに合わせて戴く場合。
女性会員様が女性会員様のスケジュールに合わせて戴く場合。
様々な状況が在ります。
時には、双方のスケジュールが中々合わず、調整が困難な場合が在ります。
特に男性会員様は御忙しい方々が多いですから。
そんな場合、私どもは女性会員様に小さな無理を御願いしてしまいます。
大きな無理ではなく、小さな無理です。
女性会員様には大変感謝して居ります(汗)

このような経緯で、無事セッティングに至った場合、私どもは男性会員様に「女性会員様がどうにかスケジュールを調整して戴き、セッティングに至りました」と敢えて伝えます。
私どものサービスは、男性会員様と女性会員様が所定の時間と場所でお会いするお手伝いを致します。
お二人が会った後は、お食事などをしながらの歓談に成りますが、初対面の二人には話題も限定されるでしょう。
そのような会話の中で、男性会員様が「今回は色々と調整して戴いたそうで・・」と。

通常、男と女は何らかの縁やキッカケで出会います。
しかし、私どもが提供する出会いには、自然の成り行きで発生する縁やキッカケによる出会いに比べて、少々人工的なモノと成る訳です。
私どもの一言が、会話のキッカケや、お互いが縁を感じる一端に成ればと考えます。

女性会員様に大きな無理は御願い致しません。
小さな無理も、女性会員様が負担に成らない場合に対応戴ければ構いません。
ただ、私どもの経験上、このような小さな無理をどうにか調整して引き受けて戴いた場合、男性会員様にとっても、女性会員様にとっても素晴らしい出会いに成るかとが多いのです。
日にちの調整、時間の調整、縁が無ければ無理でしょうし。



icon-instagram 東京交際倶楽部  [ 面接スナップフォト-Instagram ]