業界の情報やクラブ案内サイトをご紹介

交際クラブを解説ー料金編

2018.01.03

交際クラブの良い部分であり、勘違いし易い部分に付いて話そうと思います。
交際クラブというサービスは男性は有料、女性は無料で入会するというのが一般的です。
男性と女性は費用の面で大きな違いがありますが、クラブにとっては大切な会員であり、利用者です。
どちらがクラブにとって大切だとかはありません。
特に、私ども東京交際倶楽部はそのように考えて居ります。
尚、男性が有料、女性が無料という形態をとるのは、このビジネスモデルを成立させる為だけの理由だと思います。
一般的な男女の理屈が交際クラブというビジネスモデルにも反映されている訳です。
男は経済力を、女は外見や若さを売る。
逆に言えば、男は女な対して外見や若さを求め、女は男に対して経済力を求める。
ですから、交際クラブに在籍する男性はそれなりの経済力が無いと利用出来ないような料金設定が為されています。
個人的な意見ですが、低価格で利用出来るクラブに対して、私は否定的です。
最初からビジネスモデルとして成立していないと考えるからです。
実際、そのような低価格設定のクラブは風俗化しています。
男性が求めるような女性も、女性が求めるような男性も在籍していません。
サービス業として、お客のニーズを全く対応出来ないものなの存在価値がある訳がありません。
高額な料金設定にすることで、女性会員が求める条件を備える男性を選別する意味があるのです。
ですから、低価格設定のクラブはトラブルも多い筈です。
交通費が貰えなかった、約束が守られ無かったというクレームが女性会員からクラブに多くあがるのです。
このような事実から、低価格設定のクラブに入会する女性数より、高額設定のクラブに入会する女性数の方が多い傾向があります。
最悪なのは高額設定のクラブなのに、毎月の女性入会数が少ないクラブですが(笑)
因みに、毎月の女性の入会数が10人以下のクラブなんて辞めるべきです。
女性は入会するクラブの料金設定を必ず確認するべきです。
お金持ちと会えるからという理由ではありません。
経済力がある男性の方が自らトラブルを起こす可能性が低く、女性が男性と一対一で会った際の安全性・安心感は違うでしょう。
男性側から考えても、それぐらいの知恵を働かせる女性の方が、様々な点で理知的で常識的な場合が多いと思います。



icon-instagram 東京交際倶楽部  [ 面接スナップフォト-Instagram ]