業界の情報やクラブ案内サイトをご紹介

出るわ、出るわ(汗)

2016.11.20

皆様は賭け事はしますか?
私、学生の時は競馬、パチンコ、マージャンなどを頻繁にしていました(苦笑)
いや、それらだけしていたのです(汗)
ただ現在は競馬は全くしませんし、マージャンは家族マージャンに付き合うぐらい。
ただパチンコはたまにやります。
ほとんどの場合は時間潰しの為に。
私、1人でセッティング喫茶店等に滞在するのが苦手でして。
ですので、どうしても所用と所用の間が中途半端な時、時間潰しにパチンコ店に。
あっという間に時間が過ぎます(笑)
あと、考え事をしたい時にパチンコ店に行くことがあります。
パチンコって、台に向かってボ〜っと玉を打ってるのですが。
周りにに人が居ても全く気にならない環境です。
店内は音がうるさいので、私はパチンコの玉を耳に入れて、耳栓がわりにしながら打ちます。
するとパチンコを打ってはいるのですが、頭は自由に色々なことを考えられるのです。
私の考え事はほとんどが仕事に関して。
あれをこうしよう、これはああしよう。
こうするにはどうやろうか?
そんな感じです。
私、静かな場所で考え事が出来なくて。
頭を使わないで出来ることをしながら、そのやっていること以外に付いて考え事をするとと、良いアイディアが浮かんできます。
それにはパチンコが私には打ってつけでして。
玉が出るか出ないかは二の次三の次。
勝ち負けも全くきにしない訳ではありませんが。
負けても、私にとっては必要な時間でして。
昨日、時間があったのでパチンコ店に行き。
打ったことがない台を打ってみました。
その台は『北斗無双』という台。
子供の頃に読んだマンガの『北斗の拳』を元に作られた台でした。
私がパチンコ店に行ったのが13時頃。
店に入って、余り人が居ないエリアで適度な台を探していたら、その『北斗無双』という台が目に入り。
『北斗の拳』が元に作られた台は以前から在りました。
色々なバージョンが作られていて、とても人気の台なのですが。
この『北斗無双』はそれらと少し違うもののようで。
多分、メーカーが違うのだと思います。
間違っていたらすいません(汗)
そこまで詳しい訳では無いので(苦笑)
いつも適度に打ちますので>_<
その台は6台並んでましたが、誰も打ってる人はいませんでした。
私が座って30分くらい経って。
¥5000ぐらい使った頃。
台の画面やら何やらが激しく動いたり、大きな音がしたり。
リーチをして当たりそうな場合、大抵はこのような現象が起きます。
それでも当たらないことが当たり前>_<
するとゴチャゴチャしたアクションの後、台の前面が全体的に七色に。
今のパチンコ台はヒットすると七色に光るのがパターンです。
その状況で私はいつも「ヒットしたかな!?」と半信半疑に確認します。
確認するのはパチンコ台の上にあるパチンコ店が設置しているデーターカウンター。
そこが光り、数字が一つ足されるとヒットです。
たまに、そのように成っても玉が出ない時も在ります。
ですから、そのような状況の後は台の右側を注目。
ほとんどの台はヒットすると右側に玉を打つよう指示が出て、右側の辺りのチャッカーと呼ばれる扉が開きます。
このチャッカーは普段は閉まってますが、ヒットすると開いて、玉が入るように成ります。
その結果、沢山玉が台の下部から出てきます。
私が
打つ台が七色に光ってのは、やはりヒットだったようで、チャッカーが開き、次々と玉が入り。
台の下部から玉がどんどん出てきました。
目的は別にしても、やはりヒットして玉が出てくるのは嬉しいものです(笑)
それが事件の始まりでした>_<
いや〜、出るわ出るわ。
イマイチ分からないのですが、取り敢えずは玉を打つハンドルを一番右側側に捻って、ハンドルに手を乗せているだけで良いので。
パチンコ台が壊れてるのでは?と思うほど。
そのウチ、他のお客さんが私が打つ台を見物にに来るわ来るわ(汗)
段々と恥ずかしく成るぐらい。
結局、そのヒットが終了したのが夜20時(汗)
7時間ヒットしっぱなし。
私が座った時、データーカウンターが0だったのに、47に成ってました。
これは47回ヒットしたということです。
そして、私の座る席の周りにはパチンコ玉が満杯に入った箱が所狭しと並び、その数38箱!
その店は玉の交換比率が等価交換で。
細かい説明は省きますが、パチンコ玉一つが4円に成る計算。
昨日、私が出した玉の総数が71200発。
お金にして¥284800(^_-)
いや〜、びっくりと同時に、疲れたの何のって>_<
無茶苦茶肩凝りました(泣)
流石に昨日は考え事は出来ない程でした(苦笑)



icon-instagram 東京交際倶楽部  [ 面接スナップフォト-Instagram ]