業界の情報やクラブ案内サイトをご紹介

課題。

2016.09.21

東京交際倶楽部も開業して三年を過ぎ、四年目に成りました。
当倶楽部也に会員の皆様に御満足戴けるように、様々な点で努めて参りました。
しかし、私どもだけの力では全ての部分でレベルアップ、スキルアップをするには時間・能力の点で限界も在ると考えます。
今迄の努力でも、現在よりも高いサービスを提供することは出来るでしょう。
ただ、それは現在よりも高いだけで在って、世の中が発展するスピードに見合っているかは別でしょう。
そのスピード=会員の皆様がより高いサービスを求めることは比例しているならば、私どもの努力は評価には繋がらないでしょう。
現在評価されている高いサービスが、いつ迄も高いサービスとして評価される訳は在りません。
老舗と言われる名店がお客様から評価を得ている理由は、同じモノを同じように提供しているからでは決して在りません。
何らかの工夫や努力を、時代に合わせて提供しているのが殆どです。
それでは、私どもだけの努力ではどうにも成らないことはどうすれば良いのか?
信頼出来る人・企業との協力で為せば良いと考えます。
本日、ある御縁でとても良い出会いが在りました。
取り敢えず、私どもが進みたい方向を御理解戴き、先方がその点で協力出来る可能性が在ることを確認しました。
そして何よりも私が嬉しかったのは、若い経営者との関わりでした。
私も26歳の時から自営を初めました。
私の父は印刷関連の会社を経営してます。
私も大学を卒業後、その会社に入社して働いていましたが、どうしてもやりたいことが在り。
父の会社とは別に事業を立ち上げたのが26歳でした。
ですから、仕事を0から立ち上げて、色々な失敗をしながら経営することの難しさを知っています。
本日、出会った方々も同様の経験をしながら、とても頑張っている経営者でした。
私などより若い30代半ばの方々です。
私は20代、30代、そして現在も沢山の先輩経営者の方々に御世話に成ってきました。
本日、仕事の打ち合わせをしている最中、ふと一つの想いが私の中に。
『自分よりも若い経営者と、こうやって仕事の打ち合わせをするように成ったんだな〜』と。
多分、これからこういう機会が増えていくのでしょうね。
自分の中では、いつもどこかで若手という認識が在ったのですが。
よく考えれば、私も46歳。
若手な訳無いですよね(苦笑)
自分よりも若い方々の御世話になっちゃうのでしょう(笑)
とても頼もしい方々との出会い。
私どもだけでは成し遂げられない部分を、頼もしいビジネスパートナーと協力することで高めていければ。
そして私ども東京交際倶楽部のサービスが、更に充実したものと成ればと。
私どものサービスは出会いを提供することです。
そのようなサービスを提供する側の私にも、日々出会いが在ります。
その出会いによって、何か新しい発見が在り、新しい道が拓け。
人は自分だけの能力では、自分自身を一定の枠に収めがちです。
すると、その枠の中では代わり映えのない世界ばかりに。
慣れ親しんだ風景は幾らかの安心感は在るでしょう。
ただ、刺激は在りません。
自分が
『こんなものだろうと収めた枠』には面白味は無く
『あんなものだろうと収めた枠』には喜びは無く
枠の外にワクワクすることが在るのです!
えっ、ここで駄洒落かよ(^_-)



icon-instagram 東京交際倶楽部  [ 面接スナップフォト-Instagram ]