業界の情報やクラブ案内サイトをご紹介

最後。

2016.08.31

暑〜い8月が終わります!
個人的に8月は大好きな月ですが。
自分の誕生月でも在り。
子供の頃は夏休みと言えば8月と。
それが段々と大人に成るに順い、敬遠したい月に。
また一つ歳を重ねるのも嬉しくはなくなり。
暑い中、スーツを着て仕事するのも・・。
年齢によって、季節に対する考え方や季節感が変わることを最近知りました(笑)
そのことと関係があるかは分かりませんが、
子供の頃に好きだった果物と大人に成ってから好んで食べる果物の変化も感じます。
子供の頃、スイカを丸齧りしていた私。
最近、スイカを丸ごと頂いても、私はほとんど口にしません(苦笑)
また、あれだけ大人に成ったら丸ごと食べようてあ決めていた高級メロン。
先日、千疋屋の前を通った際に。
今は亡き大好きだった祖母がマスクメロンが大好きだったのを思い出し。
お盆に身内が集まる予定でしたので、奮発して¥20000のマスクメロンを3個購入!
皆で美味しくたべようと、重い想いをして自宅まで持ち帰りました。
皆で集まる2日後ぐらいが食べ頃とのこと。
その後、予定通り身内の会食が行われましたが、ウチの身内は集まると麻雀を皆でするのが慣わしというか常でして。
余談ですが、その亡くなった祖母も、私の父(男三人兄弟の三男)を含めた息子3人と、その息子の嫁3人と、そして私を含めた孫達と行う麻雀が大好きで。
20年程前、秋頃から体調を崩して年末近くに入院。
年齢も89歳ということもあり、医師からはそれなりの覚悟を促されてました。
年越しは自宅で過ごしたいという希望から、叔父の家に寝たきりのままで移動させて。
歳を越せるかどうか?
しかし、そんな周りの心配をよそに、大晦日から祖母は奇跡的な回復を(汗)
自分の足で歩いて、トイレにも行く程に。
中止をしようと考えていた恒例の元日の顔合わせも、急遽例年通りに行うことに。
毎年、昼頃から集まり始めて、ある程度集まってきたら乾杯してスタートという感じで。
私を含めた孫やその家族達は、少し顔を出して挨拶したら帰ったりというのが通常でしたが。
その年は祖母の体調不良もあり、もしかしたら祖母と一緒に迎える元日は最後に・・。
そのようなこともあってか、別に示し合わせた訳では無いのに、父方の親戚が十数年ぶりに一人も欠ける事なく集まり。
全員で新年祝いの乾杯をしたところで、祖母が皆と麻雀がしたいと我儘を言い始め(苦笑)
数日前まで、いつ死んでもおかしくない状況で体力も落ちていました。
座って行う麻雀は流石に無理では?と。
すると祖母は、数十年来かかりつけのお医者様で家族ぐるみのお付き合いをさせて戴いてる先生に電話をして大丈夫か確認して欲しいと。
すると20分後、先生が叔父の家に来ました。
そこで椅子に座っている祖母を見て驚き、立ち上がる姿に仰天してました。
それなら、自分が付き添いながらなら大丈夫でしょうと許可して下さり。
少しダルいという祖母に点滴を打ち、時間が勿体無いという祖母は点滴をしながら麻雀をしました。
私は麻雀をしたいと祖母が口にし始めた瞬間、絶対やらないで済む筈が無いと理解していましたので、知人に連絡をして全自動麻雀台を借りる手筈をして、叔父の家まで運び込み。
結局、祖母はその年の元旦に3人の息子に囲まれて一局。
その嫁3人に囲まれて一局。
孫達に囲まれて一局。
計三局の麻雀を6時間掛けて行いました。
そして正月気分が開ける9日に息子全員に見守られ亡くなったのです。
羨ましい亡くなり方ですよね?
あっ、余談がついつい長く成ってしまいました(汗)
その一個¥20000のメロン。
私、子供の頃ならば少しでも多く食べたくて食べたくて仕方無かったのですが。
そのお盆の時、私が所用で1時間ほど抜けなくてはならず。
どうせ皆は2卓て麻雀に興じてましたし。
出先から戻り、私も麻雀に参加。
そこで私が「そろそろメロン食べようか〜?」と言うと。
そこにいる全員が不思議な顔。
『お前、何言ってるの?呆けたか?さっき食べただろ?』
「はっ?食べてないよ。えっ?」
叔父の家では麻雀を2宅囲む場合、別々の部屋で行います。私が1時間程外出していたことを、私の妻も含めて誰も知らなかったらしく。どちらかの部屋で麻雀してるか、テレビ見てるかと思っていたらしく。
しかも、その間に私が話のタネにと買ってきたマスクメロン3個計¥60000は食べられた後だったことが判明。
私以外は大爆笑。
ふざけんな!テメェら笑いごとじゃない!
これ以後、私のツキは全く無く。
家族麻雀での負けもチョット笑えない額に。
アッ、チョコレートですよ。
賭博はいけませんからね>_<
ウチの家族麻雀、レートが凄いんです。
麻雀は基本的に25000点の点棒というものを四人各自が持って始まります。
それを上ったさいの役などの点数で取り合います。
まあ細かいことは別として、その点棒が全部無くなってしまうとハコテンと成ります。
各自25000点でスタートしてますが、ハコテンに成るとマイナス30000点とカウント。
終わった時点で、30000点以上の点棒が在ればプラス、30000点未満ならばマイナスとなり、25000点と30000点の差は勝った人間が取る訳です。
レートについて、例えば1点一円ならばハコテン¥3000マイナスに成ります。
ウチのレートは1点10円です(汗)
ハコテンで¥30000
更に、ヤキトリと言って1局終わる迄に1度も上がれないと、上がれない人が上った人に対して¥3000。
自分1人上がれない場合、3人全員に1人¥3000づつ渡すのです。
また、リーチ一発は1万円貰えます。
当てれば、当てた相手から1万円。
ツモれば全員から一万円づつトータル¥30000貰えます。
正直、私、このレートで他で麻雀をしたことは在りません(汗)
どういう勝ち方しても、負け方してもお互い身内ですし、恨みっこ無しが絶対のルールで(笑)
この家族麻雀で凄く買ったことも負けたこともあります。
祖母は毎回、無茶苦茶負けてました。
それでも喜んで、楽しんでました。
私、今回、無茶苦茶負けましたが、全然喜びも無く、楽しくもなく。
子供の時ほど高級メロンへの憧れは無くなりましたが。
それでも一個¥20000のメロンを味わえないのは腹立ちました。



icon-instagram 東京交際倶楽部  [ 面接スナップフォト-Instagram ]