業界の情報やクラブ案内サイトをご紹介

辞退という事態。

2016.07.04

完全にオヤジギャグとか駄洒落が似合う歳に成って居ります。
若い女性に、私が何かの拍子にそれらの発言をすると。
コメントも笑いも無く、ただにこやかな表情を投げ掛けられます。
可もなく不可もなく。
そんなことは置いておいて。
もう直ぐリオ五輪ですが、様々な不安材料がメディアで取り沙汰されて居ります。
リオ五輪では112年振りにゴルフが正式種目として復活致します。
個人的にはとても楽しみにしてますが。
そんな私と同様な方々も多いと思いますが。
本日、非常に残念なニュースが飛び込んで参りました。
リオ五輪のゴルフ日本代表選手として筆頭で在ります松山英樹選手がリオ代表辞退を表明しました。
予てより、ブラジル国内で流行しているジカ熱への不安を口にしていた松山英樹選手。
早々にゴルフ界のトップに君臨する選手達がリオ五輪出場回避を伝えるニュースが伝えられてきましたが。
やはり松山英樹選手も辞退ということに。
松山英樹選手に関してはジカ熱のみならず、彼の個人的な健康不安も在るようです。
2年程前から、松山英樹選手は虫に刺された際の抵抗力が低く、普通の人が虫刺されで受ける影響とは比に成らないような症状に悩まされているようです。
2年近く前に、顔の側面を虫に刺されて、逆側とは明らかに違うのが分かる程の地腫れしている写真が雑誌に掲載されました。
現在でも、虫に刺された際には同様の症状が出るらしく。
先日の試合でも腕を刺されて、そこが腫れ上がったことでプレイに支障を及ぼす状況に。
ブラジルはとても蚊が多いようで、それも刺された際の影響も日本などの蚊に比べても強いようで。
屋外で、それも草木が茂る場所でプレイするゴルファーに虫刺されを避けることは難しく。
一昔前、日本人にとっての五輪が『出場することに意味が在る』と言われていたのとは違い、現在は国の威信を掛けて、日の丸を背負って勝つ為に出場する訳です。
プレイ以外の不安要素や、五輪以降のプレイに支障が出る可能性が予想されるならな、今回の松山英樹選手の判断も止むを得ないでしょう。
プロスポーツ選手は私達に夢を見せてくれる存在です。
しかし、その夢は彼らが勝って初めて見れるので在り、結果を求められるのです。
全く比較には成りませんが、私も商売をする上で、いつも先を見越して物事を進めますし、色々な準備をします。
仮に、何らかの不安要素が在れば全力で排除する努力をしますし、その要素が排除不可能ならば、私がその商売から撤退するという選択をする筈です。
松山英樹選手の判断を批判する方も存在するでしょうし、様々な意見が出るのも仕方在りませんが。
それでも本人の判断を尊重するべきだと、私は考えます。
全ては彼のプレイが出場の権利を得たので在り、その全ては彼のもので在るでしょう。
それよりも、五輪を運営する国際オリンピック委員会や、リオ五輪を運営する現地の委員会及び、運営都市に対して。
私は疑問を抱きます。
今回のジカ熱に対するブラジル政府の対応も同様です。
五輪には発展途上の国をより発展する国にする為の起爆剤、また経済効果を生むなどの開催目的もあるのでしょう。
しかし一番重要なことは、五輪が安全に開催され、そこに出場する選手が安心して競技に集中する環境を整える能力が在るかどうかでしょう。
その最優先にしなくてはならない要素を差し置いて、副産物を得ることが目的に五輪開催が利用されるならば、その全ての存在意義自体が無くなる筈です。
果たして五輪に出場する選手、選手に夢を託す人々のような純粋な想いが、国際オリンピック委員会や招致をする都市にも存在するのか?
人類は成長過程の中で、未熟が故の争いを行ってきました。
民族の違い、宗教の違い、思想の違い、肌の色の違い、言葉の違い・・・そして領土の奪い合い。
これらは人類の陰の歴史です。
人類はその経験、そしてそれらから学んだ教訓により、自らと相手の間に存在する違いを理解し尊重することが自らを高めると知りました。
同時に、人類は争いにより文明を発展させたという事実を認めています。
自らと相手との勝ち負けから生まれるアイディアは何よりも人類をインスパイアする源でも在り。
幾らか成熟した人類は、そのステージを争うことから競うことへと変化させました。
その一つが五輪だと思います。
国と国が戦争の如く戦う五輪。
戦争のような国と国の対立であっても、それは決して人類に陰を落とすものでは無く。
その歴史はいつも輝かしい光が射すものでしょう。
これからもその存在価値を維持する為にも、本来の在るべき姿を、運営する側も参加する側も純粋に追い求めて欲しいと考えます。
安全で安心なステージで競われるからこそ、その意義や意味が維持されるのでしょう。
危険を感じながらも、国やその民の威信の為に自己犠牲も厭わないという考えは、人類が未熟な段階で、目に見えない力に突き動かされて起こしてしまった戦争行為と同様だと感じます。
今回のような勇気在る決断も必要であり、尊重されるべきだと。



icon-instagram 東京交際倶楽部  [ 面接スナップフォト-Instagram ]