業界の情報やクラブ案内サイトをご紹介

シティホテル。

2015.06.11

当倶楽部の男性面談は、御入会を希望する男性が指定戴いた場所に出向くのが通常です。
その場合、出来るだけ周りを気にせず、ゆっくりお話しすることが可能な場所でと御願いしております。
ですので、ほとんどは都内のシティホテルのラウンジにて面談を行います。
日々、私は都内のシティホテルに出向きます。
有名なホテルで行ってない所はほとんど無いでしょう。
幾つかのホテルでは、顔見知りの状況です(苦笑)
「あっ、コイツまた来たな。」って言う感じです。
特にラウンジのスタッフは明らかにそう感じます。
先日、たまたま妻の買い物に付き合い、車をシティホテルの駐車場に停めました。
帰りしな、お茶をする為に妻と二人でラウンジに寄ろうと。
その前に妻はトイレに。
私一人が先にラウンジに向かい。
ラウンジの入口で女性スタッフに、「2名で。」と伝えると、そのスタッフは明らかに一瞬不思議そうな表情。
多分、私が普段着だったからでは。
その日の私、Tシャツに短パン。頭にサングラスを乗っけて(笑)
私は席に案内されてソファに座り、少し経って妻が来る入口の方に目をやると、女性スタッフ2人が何となく私の方を見ながら話してる様子。
まあ、思い過ごしかな?と思いながらも。
その時、ちょうどその横を妻が通り、私の席に向かって歩いて来ました。
私は妻にそのことを伝えると、妻は苦笑いしながら「だからだ。」
ん?何?
「入口のところで、スタッフの2人が『あの人、いつもよく来る人だよね?』『どの人?』って話してた」とのこと。
やっぱり。
その後、片方の女性スタッフがオーダーを取りに来ました。
笑顔で「御注文は如何ですか?」と言う相手に、私はすかさず「いつも通りのアイスティーで!」とニヤニヤしながら答えました。
すると、その女性スタッフは顔を真っ赤にしながら「あっ、はい・・。」と。
私、面談の際はほとんどアイスティーしか頼まないので。
多分、その言葉で、その女性スタッフは先程の会話を妻が聞いたこと、それを私に伝えたことを察知したのでしょう。
私的にはちょっとした冗談なのですが、妻からは「本当に意地悪だよね。」
そして妻がもう一言。
「あのスタッフが可愛いから、からかったでしょ?」
私、思わずドキっとしました。
はい、仰る通りです。
凄く好みの女性です(汗)
当倶楽部は、男性会員様が凄く好みの女性と出会う為の努力を致します(笑)



icon-instagram 東京交際倶楽部  [ 面接スナップフォト-Instagram ]