業界の情報やクラブ案内サイトをご紹介

原宿。

2015.04.29

本日、私が大変御世話に成っている方と所用が在り、原宿に参りました。
まあ、御存知の方もいらっしゃると思いますが、原宿とはJRの駅名としての場所であり、地名としては存在しません。
地名でいうと渋谷区神宮前です。
この辺は私の青春を過ごした場所であり、2年程前まで私も住んで居りました。
いつでも人、人、人。
毎日がお祭騒ぎ。
本日も凄まじい人の数。
ただ、私は何となくこの場所が好きです。
私が初めて原宿を訪れたのが中学1年生。
友人3人で洋服を買う為に訪れた記憶が在ります。
その後も、事ある毎に訪れ。
学生時代は、酒の配達人、古着屋店員、バーテンダーとしてアルバイトに勤しみ。
懐かしく、居心地の良い街です。
そのウチ、また居を構えようかと考えてます。
私はあらゆる選択に於いて、自分の感性による判断を重要視します。
その感覚を言葉にすると「何となく」というのが、私にはシックリとくる表現です。
この「何となく」という言葉は、非常に曖昧でボンヤリしたものに聞こえるでしょう。
それは、自分には明確に感じるのに、人に伝えようとするとどのように表現すれば良いのか分からない、難しい感覚だからではないでしょうか?
個性的感覚。
私どもの倶楽部は御入会戴いた皆様に出来る限り御満足戴けるように努力致します。
ただ、その部分を余りにも重要視した結果、倶楽部としての個性を無くし、他の倶楽部様との色分けが出来ずに埋没してしまう可能性も在ります。
皆様の「何となく」に響く倶楽部に成れればと(^_-)



icon-instagram 東京交際倶楽部  [ 面接スナップフォト-Instagram ]