業界の情報やクラブ案内サイトをご紹介

驚きの出来事?

2015.04.11

私、本日の夕方、都内の某シティホテルのエントランスフロアで御入会希望の男性と待ち合わせをしておりました。
到着する少し前に、その男性から御電話が入りました。
タクシーで向かってるそうですが、渋滞で到着が30分程遅れてしまうとのこと。
私はエントランスフロアにあるソファにて待つことにしました。
幾つかのメールを送らなくては成らなかったので、少し下を向いて携帯電話の画面に目を向け、作業に集中してました。
ソファに座ってから10分程経過した時です。
私のすぐ隣に、ソファがもう一席空いていたのですが、誰かが座った気配を感じましたが、特段気にもせずに作業を続行していました。
すると、隣から誰かが私の顔を覗き込んでることに気付きました。
私は顔を上げ、覗き込む相手に目を向けました。
とても綺麗な女性です。
年齢は25歳前後でしょう。
水商売を為さってるような感じでは無く、一般の会社にお勤めのOL風の雰囲気。
その女性の顔は、私には全く見覚えは在りません。
私は状況が分からず、「はい?」と思わず不思議そうな表情で問い掛けました。
すると、その女性は少々はにかんだ表情で「御待たせして申し訳在りませんでした!◯◯です」と。
私は更に状況が分からず、「えっ?」と。
その女性は「××クラブから御紹介の◯◯です。先程、御電話でお話しした・・。△△様ですよね?」と。
私はやっと状況が飲み込めました。
その女性は某交際クラブの女性会員で、男性と待ち合わせの為にこのホテルに来て、その相手の男性と私を間違えたのです。
私は、「いや〜、私が御待ち合わせの相手ならば嬉しいのですが、私は△△では在りません(笑)人違いです。」と。
それを聞いた途端、その女性は顔を真っ赤にして、「あっ、すいません、えっ、どうしよう。申し訳在りません」と言いながら立ち上がり、二度、三度と頭を下げました。
私は「大丈夫ですよ!」と。
そんなやり取りをしてると、1人の男性が近づいて来ました。
その女性が私から離れ初めて、5メートル程の距離ができたところで、その男性が女性に声を掛けました。
男性は女性の顔が分かってる様子(笑)
2人は少しの間、立ち話をしていました。
待ち合わせの相手を間違えて、私に声を掛けてしまったことなども話したようです。
その2人はその場所から立ち去る際、私に対して、女性は頭を深めに下げ、男性は少し気まずそうな表情で軽く会釈のような仕草で(笑)
何故、その女性は私とその男性を間違えたのか?
私は紺地にピンストライプのスーツを着ていました。少し遠くから見ても目立つような太めの線です。
その男性も、私のスーツとはタイプは違いましたが、紺地にピンストライプのスーツを着ていたのです。
多分、事前に電話で話しをした際に、男性は自分の服装の特徴を伝えたのでしょう(^_^)
女性は単純に『紺地にピンストライプのスーツ』ということだけが頭にあり、ホテルのエントランスを見渡した際に私が目についたのでしょう。
私は電話をいじりながら作業に集中していたので、電話を掛けては悪いと考えて、直接声を掛けたのかもしれません(笑)
その2人は、まさか私が交際クラブの運営者だとは思いもよらないでしょう(^_-)
いや〜、私、凄く迷いました(≧∇≦)
この2人に私の名刺を、それぞれに渡すかどうか。
もしかしたら、2人のどちらかは御入会してくれたかも?
因みに女性が口にした交際クラブ様は、私も存じ上げて居りました。
世の中には色々な偶然が起こす、様々な出来事があるのですね〜!



icon-instagram 東京交際倶楽部  [ 面接スナップフォト-Instagram ]