業界の情報やクラブ案内サイトをご紹介

誕生日!

2017.08.06

私事で大変恐縮ですが。
本日、8月6日は私の誕生日です(≧∇≦)
日本という国に於いて、日本人として産まれて、この日は深い意味を持つ日でも在ります。
子供の頃から、何となく自分の誕生日というものを単純に祝う雰囲気ではない気がしていました。
忌わしい歴史の1ページとして、日本人が、そして世界中の人々の記憶に残さなくてはいけない日です。
私は47歳に成りました。
当たり前ですが戦後産まれです。
それでも、いつも戦争という私には未経験の出来事を、子供の頃から何故か身近に感じてしまう理由がそこに在ります。
その上で、今日という日は人間の愚かさに付いて考えなくては成らない日です。
最近の世界情勢や、それに伴う政治的背景は決して平和的では在りません。
愛国心も、母国のアイデンティティーを持つことも悪いことでは在りません。
いえ、大切なことです。
しかし、その方向性を間違えると争いの原因に成ります。
そろそろ世界中の人々が、地球人として物事を考えるべきではないでしょうか。
地球的平和、地球的環境保全、地球的安全。
そういう尺度で全てを考えれば、折り合いを付けることが簡単に成るのでは。
今日は私が地球に誕生した日です(^_-)

icon-instagram 東京交際倶楽部  [ 面接スナップフォト-Instagram ]

独特の文化。

2017.08.05

本日、所用があって秋葉原に行きました。
私は秋葉原という場所には、秋葉原駅を電車の乗り換えの為に利用するぐらいで。
秋葉原という街に用事があって行くということは、今迄在りませんでした。
よく秋葉原はオタクの聖地だと言われます。
アニメ、アイドル、それ以外にも私の知らない分野もあるのでしょう。
一昔前は、電化製品を買うなら秋葉原と言われていました。
その名残もまだ一部確認出来ましたが。
現在の秋葉原は街全体の雰囲気というか、様子が何とも言えない独特の文化を形成してますね。
というのも、海外から訪れている外国人の方々も、秋葉原の街の空気感に既に馴染んだ状態でした。
多分、日本の秋葉原という街から発信される独特の文化が海外の至るところでキャッチされているからでしょうか。
欧米人、アジア系、様々な人種の人々が街中で確認出来ました。
ただ、私にはその独特の文化がいったいどんなものかがよく分かりません(汗)
私が分かるのは秋葉系の方々のタイプです。
秋葉原の路上には秋葉系の方々で溢れていました。
彼らはこの街に何を求めてやってくるのでしょう(汗)

icon-instagram 東京交際倶楽部  [ 面接スナップフォト-Instagram ]

昼の情事⁉︎

2017.08.04

本日の昼間。
私は新規男性面談の為に、新宿の某有名シティホテルのラウンジに居りました。
男性との面談の間、私がとても気になって仕方が無かったのは隣の席の男女カップル。
私と男性が席に着いて5分後ぐらいに、そのカップルは訪れました。
最初はカップルなのに何となくよそよそしい感じ。
しかしその2人は揃ってビールを注文。
昼間からビールか〜。
良いな〜。
キンキンに冷えていそうなビールをグラスに注ぎ、2人で乾杯をしました。
お酒も入ったからか、2人が段々と打ち解けて楽しそうに歓談していることが隣の席の私にもよく分かりました。
私は新規男性様に諸々の御説明、その後、入会手続きをして終了。
その時間は50分程度でした。
男性様を見送り、私はラウンジの席で書類の整理の為に少し滞在。
すると、隣の席の男性だけが離席。
女性だけが1人で席に座っている状況が10分ぐらいだったでしょうか。
そして男性が再び席に戻って来ました。
私もそろそろラウンジを出ようかと荷物を鞄にしまいながら、ふと隣の席に目をやると。
男性が座るソファの上にはそのシティホテルのルームキーが在りました。
多分、その隣の男性は離席している間にホテルの部屋を取ったのでしょう。
2人はラウンジに来た時とは別人のような親密な雰囲気に。
私はラウンジを出て、トイレに寄ってからホテルから新宿駅に向かうことに。
トイレで用を済ませ、ホテルの出口に向かう途中で、先程のカップルが部屋へ向かうエレベーターに乗り込むところでした。
2人は昼間には不釣合いなほどアツアツな空気をを周りに放出していました(笑)
私の予想ですが、あのカップルは絶対にどこかの交際クラブの会員だと思います(≧∇≦)
当倶楽部の皆様もあんな感じなのでしょうか(笑)

icon-instagram 東京交際倶楽部  [ 面接スナップフォト-Instagram ]