業界の情報やクラブ案内サイトをご紹介

カテゴリー:管理人の日記

ドンファン。

2018.07.01

ドンファン。 はコメントを受け付けていません。

紀州のドンファン!?

窃盗事件に遭った被害者の高齢男性、その窃盗事件の被疑者が若い女性。

2人はどのように出会ったか?

その出会いの舞台と成ったのが交際クラブでした。

そして、その高齢男性が紀州のドンファンと呼ばれていたようで、その方は知る人ぞ知る有名な方だとか。

一時期、事件とその『紀州のドンファン』と呼ばれる高齢男性がワイドショーなどで話題でしたが。

そんなことも忘れかけていた頃に、また、その『紀州のドンファン』が連日ワイドショーを騒がせてます。

報道では、その方が亡くなったらしく、その死因に事件性があり、他殺の可能性も。

死亡原因は覚醒剤中毒だとか。

『紀州のドンファン』なる高齢男性は亡くなる少し前から相当歳の離れた女性と結婚していたそうで、事件性の可能性とその『紀州のドンファン』なる高齢男性の女性関係やら何やらが面白おかしく報道され。

その後も捜査は継続中で、ワイドショーでも引き続き話題と成っています。

そんなことから、私どもが運営する交際クラブ業界も色々とフューチャーされてます。

ワイドショーは勿論、週刊誌、スポーツ新聞などで特集記事に。

交際クラブ業界の認知度が上がることは歓迎なのですが、個人的には今回のように事件に絡めて話題に成ることで業界の認知度が高まるというプロセスには抵抗を感じます。

私は仕事上の関わりから、それらの記事を出来るだけ目にするようにしていますが、交際クラブというサービスの本質を表現しているものは皆無です。

そもそも人の出会い形に良い悪いなど在るのかな?

というのが私の見解です。

出会った相手との関係が良ければ・悪ければ、その相手と出会った形が良い・悪いを左右するのだろうと。

交際クラブの評価は、サービスを利用する方々が目的を達成する手段として、しっかりと機能するものか否かだと考えます。

更に、その目的を達成する手段としては機能するが、その為に求められるコストはどうだろうか?

マスコミは面白おかしく報道しなくては話題にも成りませんし、興味も持たれません。

それでは視聴率も購読者も獲得出来ないのです。

とても無責任です。

とはいえ、マスコミは一時的な報道であり、結局は部外者です。

それより当事者でありながら、面白おかしく話題にさえ成れば良いという運営を行うクラブが多々存在することが問題だと考えます。

特に、芸能プロダクションが経営・運営をうたい文句にしている輩です。

どんな神経しているのでしょうかね。

私は詐欺商法以外の何物でも無いと考えます。

虚偽広告として、当局に凶弾しようかな?

 

月日が経つのが早過ぎて。

2018.06.30

月日が経つのが早過ぎて。 はコメントを受け付けていません。

いや〜、アッという間に7月ですよ(大汗)

Blogの更新をしないまま、二ヶ月弱が経過(≧∇≦)

その間に春は終わり、梅雨まで終わってしまいました(≧∇≦)

6月も最終日で、私、重要な事を忘れてました!

この6月で、当倶楽部は開業から丸5年と成りました。

会員の皆様に支えられて、当倶楽部も少しずつでは在りますが形に成りつつ在ります。

これからも、これまで以上にスタッフ一同精進して参ります!

って、一番精進しなくてはいけないのは私なのは言うまでもありません(≧∇≦)

お陰様で、この6月が過去最高の売上を計上させて戴きました。

またこの一年は、会員の皆様の更新率が非常に高い状況で推移して居ります。

私が一番重要と考えているのが会員の皆様の更新率です。

数字はウソをつきません。

必ずその数字には根拠や理由があります。

当倶楽部の運営方針やこだわりの方向性が、ある程度は理解され、支持されているのかと僅かではありますが安堵します。

まだまだなのは分かって居りますが、五年という歳月を私どもなりに誠心誠意努めた結果が形になることは嬉しく、今後の励みとなります。

また、開業五年を記念してセカンドサイトをオープン致します。

近日中に御案内致します。

様々なポータルサイトに掲載して居りますバナー広告や、Googleのリスティング広告にて目にすることもあるかと思います。

目下の私の目標は、Blogの更新率を上げていくことですので、一所懸命に励んで参ります(≧∇≦)

何卒宜しく御願い申し上げます(^_−)−☆

そういう形も、アリかと。

2018.04.16

そういう形も、アリかと。 はコメントを受け付けていません。

前回のこちらの記事でも少し触れましたが。
最近、男性会員様の新規入会数の多くを占めるのが、既存の会員様の御紹介でして。
先週は4件。
本日も2件。
明日も1件。
御紹介での面談ですと、殆どが御契約戴けます。
諸々と話がスムーズに進みます。
御紹介ということもあり、ある程の信頼を戴いてお話を聞いて戴けるからだと考えます。
今後、男性会員様の新規入会に付いて、既存会員様の御紹介だけで運営するというのもアリかな⁉︎と。
以前に比べて、交際クラブ・デートクラブ業界の知名度は幾らか高まったようです。
その反面、余り評価出来ないことも。
知名度が向上することで、大衆化します。
私の個人的な見解で恐縮ですが、そもそも私どもが提供するサービスは誰もが利用するものではないと考えます。
私、当倶楽部に入会を検討する方とお会いして、「この方は女性会員様に対して、歓迎されないような対応をするのでは?」と感じた場合、その方の疑問・質問にはしっかりとお答えします。
誠実にサービス内容を説明させて戴きます。
しかし、殆ど営業はしません。
是非、御検討下さい!とお伝えして、早々に撤収。
その点、既存の会員様の御紹介を戴く方は、皆様、当倶楽部の趣旨をご理解の上で面談にいらっしゃいます。
多分、御紹介者の会員様もしっかりと選んで御紹介戴いてるのだと。
本当に感謝です。
私は常々考えています。
倶楽部としてのステイタスを高めるにはどうしたら良いか?
この倶楽部に入れば、会員の皆様は満足したサービスを受けられる。
倶楽部はより高いサービスを提供出来るように努める。
その為には、誰でもが入会出来るようなシステムで新規会員様を募るのは違うと感じます。
勿論、お金持ちの男性なら入会可能というのも違いますし、お顔やスタイルが良いだけで女性は入会可能というのも違うと。
少しずつ、少しずつ。
そんな理想に近づけたいですね。