業界の情報やクラブ案内サイトをご紹介

そういう形も、アリかと。

2018.04.16

前回のこちらの記事でも少し触れましたが。
最近、男性会員様の新規入会数の多くを占めるのが、既存の会員様の御紹介でして。
先週は4件。
本日も2件。
明日も1件。
御紹介での面談ですと、殆どが御契約戴けます。
諸々と話がスムーズに進みます。
御紹介ということもあり、ある程の信頼を戴いてお話を聞いて戴けるからだと考えます。
今後、男性会員様の新規入会に付いて、既存会員様の御紹介だけで運営するというのもアリかな⁉︎と。
以前に比べて、交際クラブ・デートクラブ業界の知名度は幾らか高まったようです。
その反面、余り評価出来ないことも。
知名度が向上することで、大衆化します。
私の個人的な見解で恐縮ですが、そもそも私どもが提供するサービスは誰もが利用するものではないと考えます。
私、当倶楽部に入会を検討する方とお会いして、「この方は女性会員様に対して、歓迎されないような対応をするのでは?」と感じた場合、その方の疑問・質問にはしっかりとお答えします。
誠実にサービス内容を説明させて戴きます。
しかし、殆ど営業はしません。
是非、御検討下さい!とお伝えして、早々に撤収。
その点、既存の会員様の御紹介を戴く方は、皆様、当倶楽部の趣旨をご理解の上で面談にいらっしゃいます。
多分、御紹介者の会員様もしっかりと選んで御紹介戴いてるのだと。
本当に感謝です。
私は常々考えています。
倶楽部としてのステイタスを高めるにはどうしたら良いか?
この倶楽部に入れば、会員の皆様は満足したサービスを受けられる。
倶楽部はより高いサービスを提供出来るように努める。
その為には、誰でもが入会出来るようなシステムで新規会員様を募るのは違うと感じます。
勿論、お金持ちの男性なら入会可能というのも違いますし、お顔やスタイルが良いだけで女性は入会可能というのも違うと。
少しずつ、少しずつ。
そんな理想に近づけたいですね。



icon-instagram 東京交際倶楽部  [ 面接スナップフォト-Instagram ]