業界の情報やクラブ案内サイトをご紹介

交際クラブを御利用の皆様や
興味をお持ちの皆様へ

交際クラブ業界の情報や
沢山のクラブ案内サイトをご紹介

皆様のパソコン・スマフォの
お気に入りに是非追加を!

Arrow
Arrow
Slider

 icon-star 東京交際倶楽部 代表の挨拶

この度、東京交際倶楽部より情報発信サイト『交際クラブブックマーク』を制作致しました。
こちらのサイトを制作致しました目的は二点在ります。
まず一点目は、サイトを通じて「何が何でも東京交際倶楽部を知って戴きたい、分かって戴きたい、入会戴きたい」ということです。
今まで、私ども東京交際倶楽部は必要最小限の情報しか発信していませんでした。
しかし、これからはブログを中心としたサイトのコンテンツにより、東京交際倶楽部の運営方針、日々の活動状況、サービス内容等をお伝えしていきます。
そして二点目は、サイトを通じて「交際クラブ・デートクラブ業界を知って戴きたい、分かって戴きたい、興味を持って戴きたい、御利用戴きたい」ということです。
現在、私ども東京交際倶楽部も、私どもの交際クラブ・デートクラブ業界もまだまだ認知度が低いのが実状です。
『交際クラブブックマーク』を御覧戴くことにより、業界の認知度がボトムアップし、業界全体が発展することを願っております。更に、このことが私ども東京交際倶楽部の躍進に繋がるものと確信しております。
最後に、『交際クラブブックマーク』というサイトのネーミングは、皆様のパソコンやスマホのBookmark(お気に入り)に加えて戴きたいとの願いからです。
『交際クラブブックマーク』には東京交際倶楽部以外に、沢山の素晴らしいクラブ様のホームページとリンクしダイレクトにアクセス出来ます。また各種の交際クラブ情報サイトともリンクしております。
是非、皆様のBookmark(お気に入り)に当サイトを加えて戴き、御時間が在る際には様々な情報に触れて戴ければ幸いです。

大変御無沙汰して居ります(汗)

2017.04.26

長い間、Blogの更新を怠けて居りました(汗)
大変申し訳御座いません>_<
厳密に言いますと、Blogを更新する暇が無い程の忙しさでした(泣)
交際クラブの料金に付いて連続で記事を掲載している最中での長期離脱(汗)
また明日から再開致します!
何卒宜しく御願い申し上げます(^_-)

icon-instagram 東京交際倶楽部  [ 面接スナップフォト-Instagram ]

交際クラブの料金④

2017.03.30

またまた、少し時間が開きました(汗)
交際クラブの料金に付いて、前回から引き続きです。
風俗業はお客が料金を払うことで、規定のサービスが受けられます。
また風俗業に従事する女性は、サービス内容や料金に応じた賃金を得ることが出来ます。
それに比べ交際クラブというサービスでは、料金を払う男性会員様は簡単に言えば女性を紹介されるだけです。
女性会員様は無料で入会出来ますが、経済的な目的で入会したとしても、その目的が達成される保証は在りません。
ただ、紹介された男性と交際するか否かは女性の意思で判断出来ます。
女性会員様は経済的な目的で入会した場合、どのような形でその目的を達成する可能性が在るか?
何度もしつこいぐらいに伝えてますが、男性会員様と女性会員様が出会った後、どのような関係に成ろうが、どのようなお付き合いをしようが、クラブ側は一切介入致しません。
分かりやすくお伝えする為に、おもいっきり踏み込んだ例を挙げます。
50代の男性会員様が既婚者だとしましょう。
クラブに在籍する20代の素敵なOLの女性会員様とのセッティングを希望して、クラブから紹介されました。
その男性は会社経営者で経済的には余裕がありる。
仕事も家庭も充実してはいる。
ただ最近、欲を言えば+αを求めていたところで、交際クラブなるサービスを知り、取り敢えず利用してみることに。
男性が
セッティングをオファーした相手の女性は20代半ばのOL。
まだ結婚願望は無く、それよりもやっと仕事もこなせるように成り、自分のスキルアップやそれに伴って転職なども視野に入れて・・。
そんな自分を色々な意味でバックアップしてくれる異性との関わりには前向きだが、同年代の男性との付き合いには消極的。
歳上の包容力の在る男性と、お互いに楽しく時間を過ごせるならばと交際クラブに入会。
架空の話ですか、簡単に男性と女性のプロフィールを設定しました(笑)
このような男性会員様、女性会員様が東京交際倶楽部には沢山在籍して居ります(^_-)
勿論、年齢・お仕事・目的はそれぞれ異なり、多種多様です。
一点だけ共通してらっしゃるのは、建設的な関係を築ける異性との出会いを求めていることです。
架空ではありますが、上記のような男性会員様と女性会員様のセッティングを当倶楽部で段取りしたとしましょう。
男性会員様はその女性会員様に付いて、外見(身長・体重・スリーサイズ含む)を確認した上でセッティングをオファーするか検討出来ます。
更に、女性会員様が男性会員様に伝えても構わない詳細プロフィールは会員ページに掲載、または個別に案内します。
それ以外に、実際の雰囲気・口調・品性など、倶楽部スタッフが感じた印象等々を男性会員様に御伝えします。
女性会員様のお写真では伝わらない部分をどのように過不足無く男性会員様に伝えられるかどうかは、私どもは勿論、他のクラブ様も腕の見せ所でしょう。
クラブとしての評価は、この部分で左右されると言っても過言では無いでしょう。
これらを考えると、男性会員様は交際クラブというサービスを自身の目的を達成する手段として選んだ場合、料金は高くてもある程度の担保が在ります。
仮に、男性会員様が女性会員様とセッティングにて実際に会ったところ、お写真と全然違う。
ーフォトショップなどのソフトでクラブが意図的に修正している。
ースタジオ写真をプロフィール写真に使用していて、過度に良く撮影されている。
こんなのは問題外です。
ー外見以外のプロフィールがデタラメだった。
こんな状況でしたら、今回のセッティング費用は次回に繰り越しを求めるべきです。
万が一の不手際もあるでしょうから、もう一度だけセッティングしてみて下さい。
それでも納得がいかないならば、そんなクラブはそれ以上関わらず、新しいクラブに乗り換えをお勧めします。
その方が、目的を達成する為の費用・時間・労力を省ける筈です。
これは私の経験則での見解ですが、交際クラブというサービスを利用為さる男性の皆様が、セッティング後にクラブに対してクレームを言う場合、費用に対してではなく、紹介された相手の女性会員様が御希望と相違していることに対してというのが殆どです。
言い換えますと、御希望の女性を紹介して貰えるならば、料金が幾らか高くても構わないという考えの男性ばかりだということです。
この私の経験則は、全ての交際クラブのスタッフが得るものでは無いということも付け加えます。
どういう意味?
当倶楽部の料金は、決して安くはない料金設定の倶楽部だから、私はその経験則を得られたと考えます。
またまたまた長く成りました(苦笑)
付き合い切れませんよね(笑)
暇な方、暇な時にでも目を通して下さい。
次回に続く(笑)

icon-instagram 東京交際倶楽部  [ 面接スナップフォト-Instagram ]

交際クラブの料金③

2017.03.23

何日か記事の掲載が出来ずにいました。
年度末の忙しさの中で、なかなか文章がまとまらず>_<
やっと書いたのですが。
やはりまとまらず。
ダラダラと長いものに成り。
文才が無いのにBlogなんて書くから、恥までかく羽目に(泣)
交際クラブの料金について引き続き。
前回の記事では。
安ければ御客様は喜ぶが、安す過ぎる料金設定はクラブを安定して存続し難い状況になり兼ねない。
これは結果として、在籍している会員の皆様の不利益に繋がる。
また、特別な出会いを提供してると謳い、単に料金設定を高くして、その高額な費用が故に高級なサービスが受けられるという錯覚を起こさせるような手法が通用する訳が在りません。
以上のことに付いてお伝えしました。
今日はもう少し踏み込んで(笑)
私は交際クラブは大衆的なサービスでは無いと考えますし、大衆的なサービスにしてはいけないと考えます。
この考えからも、料金設定を安くし過ぎることに反対です。
この私の考えには、費用を払う男性の皆様から批判を受ける可能性も在りますが、敢えて伝えさせて戴きます。
私どものサービスは、男性会員様と女性会員様の出会いの提供です。
その出会いが価値在るものとする為に、倶楽部として日々努めて居ります。
時間も、労力も、費用も費やして努めて居ります。
しかし、それらの努めは出会うまでの努めです。
交際クラブのサービスはあくまで『出会い』を提供することです。
男性会員と女性会員が出会って、その後、どのような関係に発展するか、または出会っても建設的な関係には発展しないかは、その2人の意思で決まります。
前述のように、私どもは可能な限り男女会員それぞれが求めるタイプの方と出会えるように、また求めていないタイプの方との無駄な出会いは行わないように努めます。
私どもがどんなにそれぞれに勧めても、最後はそれぞれの意思が尊重されます。
特に、私どもは女性会員の皆様に何らかの強制や義務を強いることは在りません。
男性会員の皆様に何らかの保証もしません。
この逆も然りです。
何が言いたいか?
私が東京交際倶楽部の料金設定を考えた際に、入会金やセッティング料の最低額を『あるサービス』よりも高くしようと考えました。
その『あるサービス』とは風俗業です。
風俗業にも色々在りますが、高額な風俗サービスよりも高い料金設定にしようと考えたのです。
当倶楽部の入会金で一番低額なのは正会員の五万円です。
そして女性会員様と会う場合、セッティング費用として最低三万円が必要と成ります。
通常、これぐらいの費用を払えば風俗業界では高級サービスが提供されると言われてます。
交際クラブのサービスは簡単に言えば、費用を払う男性の皆様は女性と会う為だけに料金を支払う訳です。
同じぐらいの費用を払えば高級とされる女性からの風俗サービスを受けられるのに、単に女性と会う為に同額かそれ以上の費用を払う。
風俗的な発想や目的の男性からすれば、私どものサービスは馬鹿らしい筈です。
ということは、そのような男性は当倶楽部には入会しないでしょう。
もっと言うと、そのような男性には入会して戴きたく無いのです。
ここで誤解して戴きたく無いのは、その理由です。
先程、私が交際クラブというサービスが大衆的には成らないし、成ってはいけないと考える理由と同じなのです。
私が交際クラブの料金と風俗業のサービスを比較したのは、この理由をご説明する為です。
交際クラブというサービスに於いて、業務を行うのは私どもクラブのスタッフだけです。
交際クラブに在籍する女性の皆様は、会員として在籍しているのであり、サービスを受ける為に入会しています。
クラブに費用は払いませんが、男性と同じ会員様だということです。
私どもは男性会員・女性会員両者のプライバシーを守るように努めますし、、会員全ての皆様が安全に、安心して利用出来る倶楽部を運営する責任が在ると考えます。
私は当倶楽部に入会戴く男性は、単なる肉体関係を求める為では無く、自分にとって相手にとって特別と思える出会いの手段として交際クラブを選んだ、経済的にも精神的にも余裕ある方であって欲しいのです。
私どものサービスは出会った後の関係に介入することは出来ません。
男性会員様と女性会員様は出会った後は一対一の関係です。
その場合、どうしても女性は弱者と成ります。
その弱者である女性会員様の安全・安心をある程度担保する必要があると。
それも合理的な形として。
交際クラブというサービスは法律によって規制されていません。
規制されていないということは、法律に守られてもいない訳です。
風俗業の場合は、風営法という厳しい法律で規制されてます。
風営法は規制法ですから、その法律の枠の中で運営しているならば処罰はされませんし、そこで働く者とサービスを受ける客は風営法に守られてもいます。
風俗業の客の大半は男性、従事するのは女性が大半です。
風俗業でサービスを提供する際、個室内で従事する女性と客の男性が一対一に成ります。
弱者である女性は客がサービスの範疇を超える行為をしようとしたら、法律を盾にすることが出来ます。
また、お客も法律を破らないのであれば、その風俗業が提供するサービスを決められた料金を支払うことで、規定通りに受けられます。
その業者も、従事する女性も、サービスを受ける客も決まった利益やサービスを得られるということは、安心・安全が法律とシステムで担保されてるのです。
交際クラブは東京都内に限ってはデートクラブ条例が在ります。
しかしこの条例は、単にデートクラブというものを大雑把に規定し、そのサービスを提供する場合は、業務を為す場所を管轄する警察署に届出をするというものです。
大した規制は在りませんし、デートクラブを運営する業者は届出をしろというだけです。
そしてデートクラブに付いては、料金の支払いに伴って男女の出会いを提供する業者と規定されていて、そのような内容のサービスを提供することが違法では無いということは事実です。
単なる出会いの提供であり、その為の料金です。
交際クラブを運営する業者が料金を得ても、男女会員の関係性には全く影響は及ぼしません。
随分、長く成りましたね(苦笑)
こんな文章は誰も読まないでしょうね>_<
続きは明日!

icon-instagram 東京交際倶楽部  [ 面接スナップフォト-Instagram ]